実印の変更手続きや対応について

実印を変更した。
そのような場合に、対処と言うものはあるのでしょうか。

先ずは役所への届出です。
今まで使用していた実印登録の停止手続きを行いましょう。
それと同時に、新しい印鑑の登録作業も必要となります。
登録に際しては、元来と同じ方法で行うことが出来ますから戸惑うことも無いかと思います。

契約進行中の書類などがあればその旨を伝えておくことも必要です。
場合によっては書類を作成しなおすという事も出てくるかもしれませんね。

また、過去に契約をしたなどといった場合に使用した実印に関しても変更しなくてはならないの?と思っている方もいるでしょう。
基本的には、契約が完了していれば変更する必要はありません。
賃貸契約などの際の更新手続きの際に新しい実印を使用するという形で対応出来る場合がほとんどかと思いますよ。

「完了」しているものについては変更を申し出る必要は無いと覚えておくと、実際に変更作業を行ったときに便利だと思いますよ。

結婚などを機会に実印を変更するという方もいらっしゃるでしょう。
このような場合の対処法を覚えておくと、そうしたシーンに直面した時にスムーズに進めることが出来るかと思いますので、ぜひとも念頭においておくことをオススメします。

関連する記事