法人用の印鑑について

印鑑というものは、個人使用のものばかりではありませんよね。
法人単位においても印鑑というものを使用するシーンがあるのです。
では、どのような種類があるのでしょうか。いくつかあげていきたいと思います。

先ずは「法人実印」です。

登記などを行う際に使用する印鑑となっています。
非常に重要な印鑑の1つなんです。

次に「法人銀行印」です。

法人単位でも、銀行口座などを開設することが大半かと思います。
こうした法人で口座を作るときに必要なのがこの印鑑となるのです。
法人名義となる場合は、必ず必要ですので用意をしておきましょう。

「法人角印」

丸い形ではなく、四角い形の印鑑です。
領収書などに捺印をすることが多いかと思います。

こうしたものばかりだけではなく、法人用の「訂正印」や「割り印」といったものも存在しています。
会社を設立する際にそろえておくという事が大半のようです。
今では、こうした法人単位で使用をする印鑑をセットで作成してくれるなどのサービスを提供しているものも。
まとめて作成することもできますし、価格においてもお得に利用できると思いますから、もし作成を考えているのであれば利用してみるのも良いでしょう。

こうして法人向けの印鑑というものも多数存在しているのです。

関連する記事