玄武で実印を作る

印鑑を購入

これまでの実印の素材といえば、拓の木であったり、白檀といったもの。
他にも水牛や本象牙といったものが主流でした。
こういったものは、実印の素材としては非常に適しており、ベストな素材ということは間違いないでしょう。
しかしながら、こういった商品を手にすることによって、絶滅の危機を招くような状況を作ってしまったり、地球環境の破壊といったものにつながることになるのです。
地球環境について気をつけているのは、現在では非常に多くの業界に渡ります。
車もそうですし、建築物などに関しても同じですね。
印鑑に関しても、同様のことが言えますから、どういったものを実印の素材にするのか、印鑑業界でも迷ったものなのです。
実印・印鑑通販ランキング!

印鑑のケースにこだわる
そこで地球環境に優しい素材として生まれたのが新しい木材として注目されている彩樺の中でも、黒い色をした玄武といった素材です。
玄武というとパッと玄武岩を思い浮かべる方が多く、重い岩や石といったものをハンコの素材にしているのかと勘違いされる方も多いのですが、まったくの間違いです。
玄武の特徴としては、マーチ材としても有名な真樺というものをフェノールレビンと結合させ高圧加熱処理をして玄武を作り出しています。
こういった処理を行うことで、通常も木材よりも数倍に強く、伸縮性といったものを持たせることに成功したのです。
環境の変化にも強く、ちょっとやそっとの衝撃では破損することはありませんし、乾燥といったものや多湿な環境でもひび割れるといったこともありませんから安心です。

高級感を感じさせるような漆黒な色をしている上、艶やかさが特徴である玄武ですが、環境に優しいといった最大のメリットがあるのです。
特に業界のリーディングカンパニーやそれを目指しているような企業の法人用の実印などにはぴったりといえるのではないでしょうか。
加工をしているものの、木材を使っているため、木目の優しい温もりといったものも感じることが出来るようになっています。

印鑑ケースにもこだわってみる

ケース付きの印鑑

実印のように大切な印鑑であるほど、保管管理には気を使うものです。
その保管する方法の一つに、印鑑ケースが挙げられます。
印鑑ケースにはどのようなものがあるのでしょうか。

印鑑ケースは、実にさまざまな形や素材を使用したものがあります。
特に実印などを手彫りで作った時には、サービスで付いてくる事が多いと思いますが、印鑑ケースにもこだわって、選ぶことも出来るようです。

印鑑ケースには大きく分けてノーマルタイプとガマ口タイプがあります。
ノーマルタイプは実にその種類が多く、使われる素材も多くあると言われています。
使われる素材には、牛革、トカゲ皮、ライトカーボン、その他プラスチックなどがあるそうです。
また、ブラックメタルで枠どったものもあり、その組み合わせも多岐にわたると考えられます。
牛革の印鑑ケースは特に高級品とされており、カラーはブラックやレッドが多いようですが、やはり牛革というだけあって、使えば使うほど味が出てくる点が最大の魅力だと思います。

その他の素材もカラーバリエーションも豊富で、パステルカラーやサクラ柄などのように柄入りのものもあるそうです。
トカゲ皮は、特に渋みのある印鑑ケースで、大切な実印などを保管するにはぴったりの素材だと思います。

ガマ口タイプは、その名の通り、開け閉めする際にガマ口仕様になっているものを言います。
その素材は布やプラスチック等が多く、どちらかと言うと生活雑貨の一つとして扱われる事が多いようです。
印鑑ケースと印鑑の柄を揃えるようなサービスを行っている業者もあり、認印などをこうしたセットで作るにはぴったりだと思います。
また、カマ口タイプの印鑑ケースにきんちゃく袋が付いているものもあり、その他の印鑑も一緒に保管するには便利なものもあると言われています。

このように印鑑ケースもさまざまなものがあります。
印鑑にこだわるなら、印鑑ケースにもこだわって選んでみてはいかがでしょうか。